車検切れレスキュー®

有効期限が切れた状態で公道を走ることは違法行為です!

車検の再取得

バッテリー上がりや、故障して動かないお車でも、万全の体制で出張引き取り、修理・点検整備および車検を実施したのちご自宅までお届けいたします。

車検切れの車検再取得!出張引取りで迅速対応

さくら車検は車検切れで公道を走行できないお車でも、お客様のご自宅まで出張引き取りで迅速に対応。車検の再取得を行いご自宅までお届けいたします。

お車が不要な方は、廃車の無料出張サービスをご利用ください。

無車検車両の取り締まりが開始されました!

国土交通省は2018年度から、可搬式「ナンバー自動読取取得装置」(持ち運び可能なカメラ)で公道を走る車のナンバーを読み取って瞬時に車検切れの車両を特定できるシステムの本格運用を開始し、無車検で公道を走行している車両の取り締まりを始めました。

車検が切れたまま公道を走行すると危険なだけではなく、免停や罰金などの罰則を受ける恐れがあります。

車検切れの罰則

単なる整備不良の場合、1~2点の減点と数千円の罰金で済みますが、車検切れの状態で公道を走ると、道路運送車両法違反(無車検運行)で違反点数6点で、前歴がなくても30日の免停と6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科せられます。

さらに自賠責保険切れだった場合

また、車検切れの場合、自賠責保険(強制保険)も切れている場合も多く、この場合は、自動車損害賠償保障法違反(無保険車運行)にも該当し、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。違反点数は合計12点となり、前歴がなくても90日の免停処分になります。

 

この処分は、運転しているドライバーに対し直接行われますので、社用車などご自分で管理されていない車を運転されている方は特に注意が必要です。

会社で管理してくれているから大丈夫と安心していると、実は有効期限が切れていたということがありますので、時々ご自分でもフロントガラスの四角いステッカーに記載の車検満了日を確認をするようにしてください。

事業用車両の場合には、ドライバーだけでなく所有者である企業も管理責任が問われ、行政処分の対象となります。

 

車検が切れた車はどうすれば良いか

車検切れ(車検有効期限が過ぎた状態)の車は、そのままでは公道を走ることができません。2018年より移動式のナンバー自動読取取得装置で無車検走行車両を取り締まる検問も始まっています。

さくら車検では、臨時運行許可申請を行って、合法的に車検切れのお車を引取りに伺います。(故障などなく自走が可能なお車の場合)

その後、弊社の認証工場まで運び、法定点検と整備を行って、不具合箇所を修理し、車検を通してからお客様宅まで納車いたしますので、安心してお任せいただくことができます。

お車が必要なくなった場合や、買い替えされる場合には、廃車も承っております。

廃車の無料出張サービスをご利用ください。

 

バッテリー上がり、故障車の場合には、

車検が切れてバッテリーが上がっているお車の場合、バッテリーブースターパックで始動したり、新品のバッテリーに交換をして引取りを行います。

長期間動かしていないお車の場合、バッテリー以外にもタイヤやオイル、ガソリンなどの劣化していたり、故障していて走行できない場合があります。

このようにお車を動かせない場合には、積載車を使用しますので、別途料金(要問合せ)が必要となります。

 

車検切れのお車の車検実施手順

 

1.車検のご予約

まずは車検の予約をしてください。

 

2.車検証の送信(メール・FAX)

臨時運行許可申請するために車検証が必要となります。。弊社が事前に申請手続きをいたしますので、車検証の送信をお願いいたします。

送信先のご案内

 

3.お客様宅へ引取り

ご予約いただいた日時にお客様宅または職場などご指定頂いた場所へ引取りに伺います。

 

4.車検の実施

部品交換や修理箇所がある場合、作業実施前にお見積もりを提示させていただきます。無断で作業を進めるようなことは致しません。

 

5.お客様宅へ納車

引取りにお伺いした場所へご納車させていただきます。

通常、部品交換や修理があった場合などは2~3営業日でのご納車になります。

お車の状態や車種によっては修理や部品の取り寄せに日数がかかることもございますのでご了承ください。