車検の時に必要なもの

ご予約日当日までにご用意をお願いします。

引取りの時に準備しておくもの

  1. 車検証(自動車検査証)
    普通車の車検証 軽自動車の車検証
  2. 自賠責保険証
    (自動車損害賠償責任保険証明書)
  3. 自動車税 納税証明書*1
  4. 法定費用*2
  5. ロックナットアダプター*3
    (ホイールロック取付車両の場合)

*1 納税証明書について

★納税証明書の提示について

軽自動車を除き、電子確認に対応した都道府県の管轄となっている自動車の車検を受ける場合には、自動車税を納税済みであれば、検査場での納税証明書の提示が不要となりましたが、電子確認ができなかった場合には車検を受けることができませんので、弊社で事前に納税状況の確認を行っております。このため、納税証明書または領収証書、インターネット納付の場合、支払い完了画面や支払い完了メールをプリントアウトしたものがございましたらご用意ください。

また、検査場にて電子確認できないケースでは、従来通り継続検査用の納税証明書の提示が必要となっておりますので、納税証明書をご用意されていない場合には、有料にて再発行させて頂くことがございますので、予めご了承ください。

<電子確認のご注意>

※軽自動車は未対応。

※自動車税を滞納していないこと。

※自動車税を納付してから一定期間経過していること。(支払方法により電子確認できるまで約10日~3週間の期間が必要)

※弊社で事前に納税確認を行うため納税証明書または領収証書をご用意ください。

※電子確認できない場合には、有料にて再交付手続きが必要。

 

納税証明書の不備が増えています。次のようなことがないか確認してください。

有効期限切れ

納税証明書の有効期限が切れていると検査を受けることができません。

有効期限が切れていないか必ずご確認ください。

継続検査用と領収書の間違い

納税証明書は、継続検査用と領収書が一組になっています。領収書だけでは、検査を受けることができません。継続検査用と書かれた方をご用意ください。

軽自動車は、一枚で兼用になっています。

有効期限が切れていたり、納税証明書がみつからない場合は、 納税証明書を紛失した場合の車検をご覧ください。

日付が無い

日付が入っていないものは無効です。

*が入っている

本来記載されているべき箇所が***となっているものは無効です。

出納印が無い

出納印が無いものは未納ですので無効です。

 

*2 法定費用

下記の法定費用に該当する金額につきましては、すべて銀行振込または現金にてお支払いください。

  1. 自賠責保険料
  2. 重量税
  3. 印紙代
  4. その他の税金や法的に定められた費用等

それ以外のプラン料金、工賃や部品代などの整備費用等は、納車時にクレジットカードやQRコード決済もご利用いただけます。

 

*3 ロックナットアダプターについて

ホイールに盗難防止用のホイールロックを取付されている場合には、ロックナットアダプター(ホイールロックソケット)をご用意ください。

点検や整備でホイールを外す際に必要となります。ホイールロックを取付していなければ不要です。

 

その他