並行輸入車にも対応していますか?

並行輸入車はテクニカルコースで対応いたしております。

正規輸入車と並行輸入車の違いや見分け方、さくら車検での対応についてご説明いたします。

 

正規輸入車とは

正規輸入車とは、海外の自動車メーカーと正式に販売契約をした輸入代理店によって輸入され、正規販売店から販売される車のことで、正規ディーラーの他、中古車販売店でも購入することができる、一般的によく知られている輸入車のことを言います。

正規輸入車は、あらかじめ日本国内の法規に適合するように、一部仕様変更されて日本の型式指定を受けている車両で、メーカー保証やリコールも受けることができる信頼のおける車両です。

 

並行輸入車とは

並行輸入車とは、前述した正規ルートを通さず、一般の輸入業者や個人が直接現地で車を買い付けて、日本へ輸入された車のことを言います。

日本未発売の車を手に入れたい場合だけでなく、円高が進行しているときに高級車を安く手に入れるために並行輸入されることもありますが、並行輸入車はメーカー保証が受けられない他、リコール対応不可、正規ディーラーに入庫を断られるなど、メンテナンス時に困ることがありますので購入時には十分ご注意ください。

また、日本国内の法規への適合は、並行輸入業者が適合させてくれている場合や、個人で輸入した場合は自己責任で対応させている場合があります。このため、車両のコンディションは様々です。まれに基準値ギリギリで検査に通していたり、偽装して通していたりすることがあるので、購入時に車検は大丈夫だった場合でも、次の車検では保安基準に適合できず合格できないケースがあります。

このため、基本的に並行輸入車の車検や整備は、車の素性・経歴を知っている輸入元か購入したお店へ依頼した方がスムーズです。

 

並行輸入車の見分け方

車検証の「型式」欄で確認ができます。

※ まれに正規ディーラー車であっても、輸入台数が少ないためにあえて型式指定を受けず輸入された車種については、型式欄が不明となっている場合があります。また、改造車の場合にも型式が不明となっている場合があります。

 

さくら車検での並行輸入車の対応

さくら車検では、並行輸入車はテクニカルコースでの対応となります。

並行輸入車は、前述した理由によって保安基準に適合しなくなっていることが多いので、整備箇所も多くなり車検証の更新まで日数がかかる場合がございます。

また、車種および店舗によっては対応できない場合がございますので、事前にお問合せください。