スタッフブログ&整備レポート

ルノーカングー ドライブシャフトアウターブーツ交換

こんにちわ。さくら車検 北大阪支店の山田です。

希望にあふれる新しい年を迎えました。みなさんいかがお過ごしですか。

さて今回はルノーカングーのフロントドライブシャフトアウターブーツ交換のご紹介をさせていただきと思います。

 

車にはさまざまなゴム製のパーツが使われており、オイル漏れを止めたり可動部を守ったりしています。

しかしゴムでできていますので、経年劣化により縮んで内部のオイルが漏れてしまったり、可動部の場合走行するたびに伸縮しますので、劣化して亀裂が入ってしまったりします。

ゴム製のパーツの中でも最も劣化しやすいのが、ドライブシャフトブーツです。

ゴムが破損し内部からグリスが漏れています。

ドライブシャフトとは

エンジンからの回転エネルギーをタイヤに伝えるために、エンジンとタイヤをつなぐドライブシャフトという部品があります。

ドライブシャフトの可動部には、動きやすいようにグリスが塗ってあり、 グリスが飛び散らないようにという意味と、可動部の保護のためにドライブシャフトブーツがついています。

ドライブシャフトは路面のデコボコをうけ振動したり、ハンドルをきるときに前後に動いたりします。

そのためドライブシャフトブーツに負担がかかり、ゴムでできているために時間の経過とともに固くなり、ひび割れて最後にはブーツが破れます。

ドライブシャフトブーツが破れていると内部のグリスが飛び散り危険ですので、当然車検には通りません。

ドライブシャフトブーツ交換完了です。これで車検に合格できますね。

 

 

レンジローバーヴォーグ バッテリー交換前のページ

マツダ アクセラ(BK)オイル交・冷却水交換次のページ

ピックアップ記事

  1. タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  2. BANZAIのバッテリーテスター
  3. ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. BOSCHのコンピューター診断機
  5. 信頼の証「Snap-on tools」

お知らせ

ピックアップ

タグ

トヨタ日産ホンダBMWダイハツスズキメルセデスベンツマツダフォルクスワーゲンヘッドライト磨きスバル3シリーズアウディ板金塗装三菱プジョーフィットタイヤ交換アルファロメオBMWミニブレーキパッド交換コンピューター診断ブレーキパッドボルボハイエースキューブ警告灯ヘッドライトCクラスプリウスゴルフミニムーヴクライスラーファンベルトライフマーチポルシェアルファードオイル漏れワゴンR車検切れハイブリッドA4ファンベルト交換ミラV70オデッセイエルグランドレガシィヴォクシーハリアーウォーターポンプ交換ステップワゴンエスティマクラウンエンジンチェックランプタイロッドエンドブーツ交換フィアットスマートセレナジープストリームデミオ5シリーズタントベルト交換エアコンフィルター交換ディスクローターブレーキekワゴンEクラスアクセラスタビリンク交換レクサスポロフォードウィッシュエクストレイルタイミングベルト交換エアコンフィルタースタビリンクバッテリーインプレッサニュービートルヴィッツバッテリー交換フロントガラス交換ドライブレコーダータイミングベルト307タイヤシトロエンフロントガラスリアショックアブソーバー交換スイフトアルトシエンタカローラA3
  1. メカニックツール

    AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  2. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  3. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  4. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  5. スタッフブログ&整備レポート

    信頼の証「Snap-on tools」
PAGE TOP