北大阪支店

ダイハツタント(L350S型)ウォーターポンプ交換

yamada 投稿者:

こんにちわ。さくら車検 北大阪支店の山田です。

春の訪れが待ち遠しいですが、みなさんお元気にされてますか。

さて今回は、ダイハツタント(L350S型)ウォーターポンプ交換のご紹介をさせていただきたいと思います。

まずはウォーターポンプの意味や役割について説明します。

自動車のエンジンの中では絶えず燃料が燃えていますので、エンジンはとても高温になります。

そのまま温度が上がってしまうと、アルミや鉄で作られているエンジンそのものさえ溶けてしまうなど、様々な問題が起こってしまいます。

そこで問題を起こさないために「ウォーターポンプ」の登場です。

水が流れるパイプをエンジンにそって這わせることで、エンジンを冷やします。

この水を冷却水、そして冷却水を循環させるためのポンプが「ウォーターポンプ」と呼んでいます。

取り外したウォーターポンプです。エンジン冷却水が漏れています。

熱くなるエンジンを冷やすためのウォーターポンプが故障してしまったらオーバーヒートしてしまいます。

ウォーターポンプの故障はすぐに対処しなければ、エンジンそのものが壊れてしまうことになります。

ウォーターポンプ交換完了です。これで安心ですね。

 

 

 

この記事を書いた人:

yamada

1975年生まれ。大阪在住。セダン系の車が好きで、昔はジャガーXJに乗っていました。趣味は子育てで、4才の娘と、公園やドライブに行ったり、家でままごとなどして、休みは娘と楽しんでおります。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

スズキ ワゴンR(MH21S) 水漏れ・ヒーター修理前のページ

トヨタ ヴェルファイア(ANH20)に悲劇が起きました次のページ

ピックアップ記事

  1. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. 信頼の証「Snap-on tools」
  3. ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  5. snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム

お知らせ

ピックアップ

タグ

トヨタ日産ホンダBMWダイハツスズキメルセデスベンツマツダフォルクスワーゲンヘッドライト磨きスバル3シリーズアウディ板金塗装三菱フィットプジョータイヤ交換BMWミニブレーキパッド交換コンピューター診断アルファロメオブレーキパッドハイエースボルボヘッドライトCクラスキューブミニゴルフ警告灯ムーヴファンベルトマーチポルシェプリウスライフオイル漏れアルファードハイブリッドワゴンRA4ミラヴォクシーレガシィエルグランドクライスラーエスティマV70ステップワゴンファンベルト交換ウォーターポンプ交換ハリアーセレナフィアットスマートオデッセイストリームタイロッドエンドブーツ交換デミオ車検切れエンジンチェックランプディスクローターブレーキクラウン5シリーズジープタントレクサスフォードベルト交換エクストレイルウィッシュekワゴンEクラスアクセラスタビリンクエアコンフィルターニュービートルバッテリーポロエアコンフィルター交換タイミングベルトタイミングベルト交換スタビリンク交換フロントガラスフロントガラス交換ヴィッツ307アルトインプレッサスタビライザーリンク中古部品タイヤドライブレコーダースイフトタイロッドエンドブーツA3カローラシトロエン
  1. メカニックツール

    信頼の証「Snap-on tools」
  2. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  3. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  4. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  5. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
PAGE TOP