横浜支店

マツダ デミオ(DY5W)エアバッグ警告灯 修理 

morita 投稿者:

横浜店の森田です。

本日は先日車検にてお預かりしましたマツダデミオの整備ブログです。

お車をお預かり時にインジケーターを見るとある警告灯が点灯しています。

視界に入る赤いマークは「エアバッグ警告灯」です!

先日大問題になりましたタ○タのエアバッグ問題を機に車検ではリコール修理が未実施車やエアバッグ警告灯が点灯していると車検合格にはなりません。

まずはいつも通りにAUTELの診断機にて故障コードを検索します。(残念、私反射して写真に写りこんでいます)

故障コードはB2232で「運転席側エアバック(ループ2)回路が断線」と出てきました。

この故障コードで考えられる原因は「クロックスプリング故障」「インフレーター故障」「ECU故障」の3つに絞られます。

このなかでも一番故障しやすい部品から交換していきます。

まずはクロックスプリングの交換から始めます。

一番故障しやすい部品がこのクロックスプリング、ハンドルの奥にありますので外していきます。

ハンドルにはエアバックがありますので作動しないようにバッテリーの端子は抜いておきましょう!

ハンドルを外すとこんな感じでクロックスプリングがお目見えします。(写真がなぜか薄い!?)

この部品はハンドルを回せば回すほど消耗します。

後は順番に取り付けて作業完了!!エアバック警告灯が消灯していることを願います。

ご覧の通り、無事にエアバック警告灯が消えました!費用は約15000円前後です。

万が一、インフレーター(約7万)やECU(約7万)だと修理費用が大きくなるのでクロックスプリングだけでよかったです。(余談ですが外車のクロックスプリングは値段が跳ね上がります)

 

この記事を書いた人:

morita

1983年11月21日生まれでさそり座のО型です。横浜生まれで大阪育ちですが、縁あって横浜で勤務することになりました。ドライブが好きで何時間でも運転していられます。

Follow Me!
友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  3. BANZAIのバッテリーテスター
  4. ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  5. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機

お知らせ

ピックアップ

タグ

トヨタ日産ホンダBMWダイハツスズキメルセデスベンツマツダフォルクスワーゲンヘッドライト磨きスバル3シリーズアウディ板金塗装フィット三菱プジョータイヤ交換アルファロメオコンピューター診断ブレーキパッドBMWミニブレーキパッド交換ハイエースボルボヘッドライトCクラスゴルフキューブ警告灯ミニファンベルトムーヴポルシェオイル漏れマーチプリウスライフアルファードハイブリッドワゴンRA4レガシィミラエルグランドエスティマファンベルト交換クライスラーV70ステップワゴンフィアットストリームウォーターポンプ交換スマートハリアータイロッドエンドブーツ交換ヴォクシーデミオオデッセイセレナディスクローターエンジンチェックランプブレーキクラウンジープフォードレクサスウィッシュ5シリーズバッテリースタビリンクポロベルト交換アクセラニュービートルエクストレイルタントエアコンフィルター交換車検切れタイミングベルト交換タイミングベルトEクラスekワゴンエアコンフィルターフロントガラススタビリンク交換ヴィッツ307タイヤ中古部品ドライブレコーダーフロントガラス交換スタビライザーリンクインプレッサタイロッドエンドブーツアルトカローラシトロエンA31シリーズ
  1. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  2. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  3. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  5. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
PAGE TOP