横浜支店

トヨタ・アルファード エンジン警告灯 点灯 修理

morita 投稿者:

さくら車検横浜店の森田です。先日車検にて横浜市中区のお客様のご自宅までお車をお預かりさせていただくためにお伺いさせていただきました。

お車は「トヨタ・アルファード」でトヨタ車を代表する1BOXカーになります。お預かりは自走にて行いますが、お車に乗り込みまして発進しようとエンジンをかけるとインジケーターに「エンジン警告灯」が点灯しています。

今、車検でインジケーター内に警告灯「エンジンチャックランプやエアバック警告灯」が点灯していると車検不合格となりますので修理が必要になります。お客様にお話を聞くと数年も前から点灯していて、ディーラーからは費用が掛かるので交換しなくてもいいと数年前に言われたそうです。しかし、時代は変わっていましてこのままでは車検不合格です。修理が必要です。

いつも使用している「AUTEL」の診断機にてコンピューター診断を行い、エンジンチェックランプの原因を探っていきます。画像の通りエラーコードをいくつか読んでいます。

エラーコードの詳細をみていくと「O2センサー系統故障」と診断できました。エンジンチェックランプの大半はO2センサーのケースが多いです。O2センサーの不具合だけでエンジン不調などは起こりませんので、そのまま乗り続けることは可能ですが、今は車検不合格ですので修理が必須となります。

 

この記事を書いた人:

morita

1983年11月21日生まれでさそり座のО型です。横浜生まれで大阪育ちですが、縁あって横浜で勤務することになりました。ドライブが好きで何時間でも運転していられます。

Follow Me!
友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. BOSCHのコンピューター診断機
  2. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  3. ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  5. 信頼の証「Snap-on tools」

お知らせ

ピックアップ

タグ

トヨタ日産ホンダBMWダイハツスズキマツダメルセデスベンツフォルクスワーゲンヘッドライト磨きスバル3シリーズアウディ三菱プジョー板金塗装フィットアルファロメオタイヤ交換ブレーキパッドBMWミニコンピューター診断ブレーキパッド交換ハイエースヘッドライトボルボゴルフミニキューブCクラスファンベルトムーヴ警告灯オイル漏れマーチポルシェプリウスライフA4ハイブリッドアルファードワゴンRレガシィエルグランドファンベルト交換ミラエスティマクライスラーV70ストリームスマートフィアットウォーターポンプ交換デミオセレナオデッセイステップワゴンディスクローターハリアーブレーキヴォクシーフォードジープクラウンウィッシュ5シリーズエンジンチェックランプバッテリータイロッドエンドブーツ交換スタビリンクポロアクセラエクストレイルニュービートルタイミングベルトベルト交換タイミングベルト交換タントekワゴンエアコンフィルターEクラスレクサスヴィッツ307フロントガラススタビリンク交換中古部品ドライブレコーダースタビライザーリンクインプレッサタイヤアルトカローラタイロッドエンドブーツシトロエンフロントガラス交換エアコンフィルター交換シエンタバッテリー交換タペットカバーパッキン
  1. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  2. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  3. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  4. メカニックツール

    信頼の証「Snap-on tools」
  5. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
PAGE TOP