スタッフブログ&整備レポート

ダイハツ タント ロアボールジョイントブーツ交換

投稿者:

 

こんにちは!!

さくら車検卜部です

 


 

今回整備していく車両はこちら!!

 

DAIHATSU TANTO

 

軽自動車のハイトワゴンと言えば

N-BOXスペーシアタントというイメージがあります

その中で一番最初に販売されたのがタントです

発売されて早いものだと18年が経過しようとしています

18年も経過すれば故障するのも当然で…

結構ガタが来ている車両が多いです

今回はそんなタントの修理をしていきます!

ロアボールジョイントブーツにひびが入っています

このまま2年走ってしまうと破れてしまい

ロアボールジョイント本体がダメになってしまう危険性があります

その為今回は予防整備で交換させていただきました

お客様予算次第ではありますがこういった予防整備を

なぜおすすめをするのか…

それはブーツ交換は金額は安めで抑えることが可能ですが

ロアボールジョイントがダメになってしまうと

値段が何倍も高くなってしまう為です

極力お金に余裕がある場合は交換しておくことをお勧めします!

交換は固着していなければ比較的に簡単です

上のピンを抜いてキャッスルナットを取り外すだけで

ナックルからは取り外し可能になります

※ジョイントをナックルから抜く際は基本とても固いです

ブーツの中身はこのようになっています(-ω-)

押すと今にも切れそうなのがわかると思います

古いグリスを拭き取って新しいものを塗り

ブーツを付ければ交換完了になります

※グリスの入れすぎに注意してください(破裂します)

後は逆の順番で組み付ければ作業終了です!!

 

今回の記事はここまで(*‘∀‘)!

 


 

この度はさくら車検をご利用いただきありがとうございました。

またのご利用をお待ちしております。

 

記事ID: 52700

修理だけのご依頼でもお気軽にご相談ください。

0120-39-6841

お電話お待ちしています!

この記事を書いた人:

1993年生まれ 熊本県出身 西東京店で整備をしております。元々調理師として働いていましたが、車が好きで転職して整備士になりました。趣味は料理、PCプログラミング、ゲームetc.書ききれないぐらい多趣味です。現在自家用車は持っておらず、将来は Shelby GT500 とC130ローレルに乗りたいと思っています。 【保有資格】三級自動車整備士

クライスラー ボイジャー ウィンカー、ワイパースイッチ交換前のページ

ホンダ・フリード車検整備次のページ

ピックアップ記事

  1. タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  2. snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  3. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  4. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  5. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。

お知らせ

ピックアップ

タグ

  1. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  3. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  4. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  5. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
PAGE TOP