西東京支店

トヨタ スープラ パワーステアリングポンプ、エアコンコンプレッサー交換

kobayashi 投稿者:

こんにちは。さくら車検 小林です。

今回はスープラのパワステポンプとエアコンコンプレッサーを交換させていただいたので紹介させていただきます。

パワステはポンプ本体から大量にオイル漏れが発生しており、まったくアシストしてません・・・ステアリングがとても重たいです。

エアコンはマグネットクラッチが効かずコンプレッサー本体からコンプレッサーオイルが漏れていましたので交換します。

この辺の真下にパワステ、エアコンともに取り付いています。とても狭い感じではなさそうです。

ちょっと黄色っぽくなっているの全部オイルです。パワステオイルも混ざっていますが・・・少し拭いてしまいましたがしずくになっていました。

すっきりしているように見えますが下からは外せそうにありません・・・

ホースや配管をどんどん外していきます。

右上17mmのボルトが取り付いている角度のせいか外しにくいです・・・(さらに硬い)入る工具がない場合はバッテリーを外しましょう。

プーリーの奥に3本ボルトが止まっているので外せば取り出すことができます。

次にパワステが取り付いているステーを外せばエアコンコンプレッサーのボルト数本外せば取り外すことができます。

予めエアコンのガスは回収機で回収してあります。

ボルトを全部取り外したらあとは知恵の輪で取り外します・・・うっ・・・腰が・・・バッテリーの受け皿とかも取っておくと外しやすいです。

取り付けるときも知恵の輪的に隙間を探して角度意識して入れていきましょう。・・・うっ・・・腰が・・・

どんどん復元していきましょう。パワステポンプステーをつけたり・・・あ、配管関係のガスケット、Oリングも全部交換します。

パワステポンプは先にプーリーを取り付けてからポンプ本体を取り付けたほうが楽でした・・・(たぶん)ポンプだけ取り付けてからプーリーをつけようとしましたがなかなかはまらずちょっと苦戦しました・・・

パワーステアリングフルード入れてエアコンガスを充填して、症状は改善されているか試運転等行い確認をして作業は完了です。

なかなか年季の入っためずらしい車両でした。これからも大事に乗っていただきたいです。

ではまた。

 

 

この記事を書いた人:

kobayashi

西東京店で整備をしています。 普段は犬を飼っており、愛犬と散歩に行くのが趣味です。 整備は国産・海外車問わず得意です。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. BOSCHのコンピューター診断機
  3. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  4. BANZAIのバッテリーテスター
  5. タイヤチェンジャーとホイルバランサー

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  2. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  3. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  4. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  5. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
PAGE TOP