横浜支店

メルセデスベンツ Bクラス(B180) 紫外線フィルム剥がし

morita 投稿者:

さくら車検横浜店の森田です。

先日車検にてお預かりしましたベンツBクラスの点検整備内容になります。メルセデスベンツに限りませんが、よく欧州車に運転席と助手席の窓ガラスに紫外線カットの透明フィルムが張られていることが多いです。

検査項目の中にフロント3面(フロントガラスと運転席・助手席)は透過率が70%を超えないと車検には合格できません。透明フィルムは張りたての時は問題ないのですが、年数とともに劣化して透過率を低下させることがよくあります。今回の透過率結果は67%・・どれだけ磨いても70%を上回ることはありませんでした。車検にはこのままでは合格できませんので透明フィルムを剥がしていきます。

その他の整備でスタビリンクブッシュに亀裂が入り、割れてグリスが飛び出していましたので交換いたしました。

 

この記事を書いた人:

morita

1983年11月21日生まれでさそり座のО型です。横浜生まれで大阪育ちですが、縁あって横浜で勤務することになりました。ドライブが好きで何時間でも運転していられます。

Follow Me!
友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. BANZAIのバッテリーテスター
  2. 信頼の証「Snap-on tools」
  3. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  4. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  5. snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  3. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  5. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
PAGE TOP