西東京支店

BMW 1シリーズ ウォーターポンプ交換

kobayashi 投稿者:

こんにちは、さくら車検の小林です。新しい年号に変わりましたね~・・・いろんな事がありましたねぇ~・・・(遠い目)。えー今回はBMWの1シリーズカブリオレの水漏れ点検、ウォーターポンプの交換作業をさせていただきましたので紹介させていただきます。

1kmも走っていないのにもうアンダーカバーから水漏れが・・・ちなみにアイドリング状態で確認しても水は漏れてきませんでした。走らないと水漏れしてきません。

なかなかすごい水漏れだと思ったのですが意外と場所が分からないものでした・・・エンジンルームの奥側が全然見えなくて水の跡がたどれない・・・

なんだかんだと点検していった結果、アッパーホースの先にあるエンジン側のケースから水漏れが発生していました。影になってしまっていてよく見えませんが奥深くで水溜りができていました。オーバーヒートしたりしなかったりでしたのでウォーターポンプ等交換することになりました。

ケース側はボルト3本で固定されているだけなのですぐに取り外すことができます。Oリングがダメになってしまっていて水漏れが発生していました。

ウォーターポンプはパワステのポンプといっしょに取り付いていて(丸印あたりにウォーポンあり)パワステのプーリーを使って回転させている構造になっているのでパワステポンプも取り外さなければなりません。パワステの配管は外さないようにして作業を行いました。ウォーターポンプ外す前にサーモケースを外しておかないと外しても抜けてきません。

あとは組み付けてきます。うでがプルプルします。腰が・・・ってなります。下側から作業できる作りならばよかったんですが下から作業できません・・・

すべての組み付けが完了したらクーラント入れて確認です。今回は走行しないと水が漏れてこないので試運転をそこそこの距離走って確認を行いました。水漏れが直っていることを確認して作業完了です。オーバーヒートはメーターの警告灯が点灯します。点灯したまま走行し続けると最悪エンジン自体を交換することになってしまうかもしれないので注意しましょう。ではまた。

 

この記事を書いた人:

kobayashi

西東京店で整備をしています。 普段は犬を飼っており、愛犬と散歩に行くのが趣味です。 整備は国産・海外車問わず得意です。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  2. タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  3. BANZAIのバッテリーテスター
  4. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  5. ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  2. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  3. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  5. メカニックツール

    信頼の証「Snap-on tools」
PAGE TOP