北大阪支店

ダイハツ アトレー プラグ交換 

yamauchi 投稿者:

こんにちはさくら車検北大阪支店の山内です。

今回はアトレーのプラグ交換作業になります。

スパークプラグはガソリンを燃焼させるために着火の役割を果たす重要なパーツです。

スパークプラグはエンジン内で点火作業を1分間に何千回も行っていて、非常に負荷がかかっており徐々に劣化していきますので、定期的に交換が必要な消耗品となっています。

劣化すると火花の飛び方が弱くなり、ガソリンと混合気を安定して燃焼することができなくなってエンジンがかかりにくくなったり、加速や燃費にも大きな影響が出てしまいます。

 

スパークプラグの交換時期は走行距離が目安とされており、上記画像のプラグの場合で4輪車15,000~20,000km、軽自動車が7,000km~10,000kmくらいが目安です。

プラグには種類もあるので交換時期は車によってさまざまなので、定期的に点検する事をお勧めします。

さくら車検では一般修理もしてますので是非ご利用くださいませ。

 

この記事を書いた人:

yamauchi

1982年生まれ、大阪在住、A型。休日は基本家で子供とテレビ観賞しています。個人的には軽自動車が好きで現在アルトワークスに乗っています。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. BOSCHのコンピューター診断機
  2. 信頼の証「Snap-on tools」
  3. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  4. snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  5. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。

お知らせ

ピックアップ

タグ

トヨタ日産ホンダBMWダイハツスズキマツダフォルクスワーゲンメルセデスベンツヘッドライト磨きスバル3シリーズアウディ三菱プジョーフィットブレーキパッドアルファロメオ板金塗装タイヤ交換コンピューター診断BMWミニボルボヘッドライトゴルフブレーキパッド交換ハイエースミニファンベルトムーヴキューブ警告灯オイル漏れマーチポルシェハイブリッドプリウスA4レガシィライフエルグランドエスティマミラアルファードCクラスワゴンRV70ストリームクライスラーフィアットファンベルト交換ディスクローターブレーキスマートステップワゴンハリアーデミオオデッセイバッテリースタビリンクウォーターポンプ交換ヴォクシーフォードポロジープセレナニュービートルエアコンフィルターエンジンチェックランプタイミングベルトタントタイロッドエンドブーツ交換アクセラクラウン5シリーズウィッシュエクストレイルタイミングベルト交換ヴィッツ307ekワゴンスタビライザーリンクタイヤ中古部品フロントガラスタイロッドエンドブーツEクラスアルトシトロエンタペットカバーパッキンレクサスシエンタバッテリー交換冷却水エンジンオイルインプレッサドライブシャフトブーツ1シリーズカローラチェロキー
  1. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  2. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  3. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  4. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  5. メカニックツール

    信頼の証「Snap-on tools」
PAGE TOP