東東京支店

アウディA3 エンジンチェックランプ点灯 

komatsuzaki 投稿者:

さくら車検 足立支店 小松崎です。

ご紹介します車両はアウディA3 (8P)になります。

半年前に車検でお世話になったお客様から何度かエンジンチェックランプ及び加速時に不具合がある事でご相談があり、一般整備にてご入庫いたしました。

コンピューター診断をまずいたしました結果ですが、いろいろ故障コードがあり一度リセットをかけてから再度試運転をしてみました。

整備士の見解では直噴エンジンの為、カーボンが蓄積され一度マニホールドやインジェクション周りを分解して洗浄をしてみないと判断がつかない見たいでしたので、一度分解してました。

シリンダー4のミスファイアーが原因で加速時の不具合を起こしていたようです。

一応こちらは清掃後に再度確認です。

上の画像はインテーク側のバルブです。

カーボンがすごいです。

ヘッドの部品です。

真っ黒です。

空気の吸入量を調整しているフラップ盤です。

指をさしている箇所は4番シリンダーインジェクターノズルです。

こちらのOリングが一個切れていて新品に注文をしました。

清掃後の写真を整備士が撮り忘れてしまいました。

清掃後はワコーズのRECS洗浄を仕上げにして完了です。

清掃後のテスト走行ではエンジンの不具合もなくチェックランプの再点灯もなくいい状態に戻りました。

ミスファイアーは初めプラグもしくはイグニッションコイルを疑っていましたが清掃後のテスト走行で改善がみられて一緒に治りました。

4番シリンダーのインジェクターノズルのOリングが原因だったのか?コッテリ溜まったカーボンが原因だったのかどっちか分かりませんが治って良かったです。

今回の整備内容

インテークマニホールド脱着 清掃(ガスケット交換)

スロットルボディー脱着 清掃(ガスケット交換)

インジェクションノズル脱着 清掃 Oリング交換(清掃時にて交換)

ワコーズ RECS洗浄

コンピューター診断およびリセット(診断機はオーテルにて)

整備費用は68,000円になります。

ありがとうございました。

 

この記事を書いた人:

komatsuzaki

1981年生まれ千葉出身、現在足立区在住です。趣味は釣り、ゴルフ、スノーボードです。アウトドア派で車はSUVが好みです。昨年子供が生まれ趣味の釣りとスノーボードが行けずゴルフのみ時間を見つけ頑張っています。子供と趣味の共有ができることが楽しみです。

Follow Me!
友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  3. BOSCHのコンピューター診断機
  4. ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  5. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  2. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  3. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  4. メカニックツール

    AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  5. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
PAGE TOP