西東京支店

アルファロメオ 156 O2センサー、エアフロセンサー交換

kobayashi 投稿者:

こんにちは、さくら車検の小林です。

最近は寒くて洗濯物がなかなか乾かなくなってきましたね。

さて、今回はエンジンチェックランプが点灯してしまったアルファロメオの156がご入庫されました。

正式にはエンジン警告灯と言って、エンジンの制御系のトラブルが発生したときに点灯する警告灯です。

点検してみるとO2センサー(排気ガスの酸素濃度を測るセンサー)が異常(3つ)と、エアフロセンサー(エンジンへ送る空気の量を測るセンサー)の異常が出力されていました。

アイドリングもちょっと安定せずノッキング気味でした。

こちらの車両はO2センサーがフロント2つ、リア2つと合計4つも付いています。

O2センサーに関しては今回4つ全部交換させていただくことになりました。

フロント側はまぁまぁ普通な場所に取り付いており、交換自体もそんな難しくないのですが・・・

リアO2センサーの特に左側がかなり難しい場所に・・・なぜこんな場所に!!って感じです。

最初はマフラーを切り離して触媒を取り外そうかなと思っていたのですが、エキマニと一体になっており外す為にはエアコンのコンプレッサー等、外す部品がたくさんあることに気がつき断念しました。

 

がんばってこの状態で交換です。

遮熱板外して少しでもスペースを確保し、知恵を振り絞ってあれこれ試行錯誤し取り外しました。

固着しすぎていなかったのが幸いです。

黒い・・・O2センサーが機能しておらず濃い燃料を噴射し続けてしまい、アイドリング不調がおきていたようです。

エアフロセンサーも一緒に交換することになったので交換です。

こちらはホースを外してボルト3本で止まっているだけなので難なく交換できます。

チェックランプランプも無事消え、アイドリング不調も解消されました。

チェックランプが点灯していたら車になにかが起こっている合図です。

内容によっては乗っていても何も異常は感じられないこともあります。

たまに気にしてみてみましょう。ではまた。

 

 

この記事を書いた人:

kobayashi

西東京店で整備をしています。 普段は犬を飼っており、愛犬と散歩に行くのが趣味です。 整備は国産・海外車問わず得意です。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. 信頼の証「Snap-on tools」
  2. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  3. BOSCHのコンピューター診断機
  4. snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  5. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    ベンツ専用コンピューターDAS・XENTRY導入しました。
  2. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  3. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  4. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  5. メカニックツール

    信頼の証「Snap-on tools」
PAGE TOP