北大阪支店

レクサスGS リアショックアブソーバー交換

shinzato 投稿者:

こんにちは北大阪支店の新里です。

今回お預かりしたお車はレクサスGSです。リアショックアブソーバーが片側だけ抜けていました。

ショックアブソーバーは、サスペンションのバネが伸び縮みを繰り返そうとするのを抑えて減衰させる役割を持っています。

ショックが抜けてしまうとバネの伸び縮みが収まりにくくなりますので、走行中特にハンドルを切って曲がった時に挙動が不安定になります。

このまま放置しておくとサスペンションを構成する他のパーツにも負担がかかって、お車の老朽化が早まってしまいますので早めの交換をお勧めします。

GS350など5車種はリアショックの保証期間延長になってますので対象となっているお車はディーラーさんにお問い合わせ下さい。

残念ながらこのお車は保証対象外でしたので交換致します。

写真が暗くてわかりにくいと思いますが、中央の黒い筒状のものがショックアブソーバーです。

上の写真はショックアブソーバーを取り外した状態、このお車のリアサスペンションは、ショックアブソーバーとスプリングが別々になっています。

今回は片側だけの交換でしたが、できれば左右交換の方がいいかもしれませんね。

純正よりも社外品の方が値段的にはお安くなるかと思います。

 

この記事を書いた人:

shinzato

1974年高槻市生まれ 沖縄と韓国のハーフ(ほとんど周りは知らない) 4歳の娘とチワワ2匹がいてます。 査定士資格、損保募集人資格、簿記資格など。免許は普通自動二輪、大型免許。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. 警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  2. 信頼の証「Snap-on tools」
  3. タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  4. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  5. BANZAIのバッテリーテスター

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    snap onのエンジン洗浄・カーボン除去システム
  2. メカニックツール

    EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  3. メカニックツール

    AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  4. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  5. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
PAGE TOP