西東京支店

トヨタ ラウム スロットルボデー交換

kobayashi 投稿者:

こんにちは、さくら車検の小林です。

今回はトヨタ ラウムのエンジン不調がご入庫されたので紹介させていただきます。

走行中やエンジン冷間時のときは異常が見られず調子がいいのですが、完全暖気後はアイドリング時や信号待ちの時になるとぶすぶすと音がしてアイドリング回転が500回転以下になってしまい止まってしまいそうになります。

点火プラグやチェックランプの確認などなど・・・いろいろ点検した結果、ISC(アイドルスピードコントロールバルブ)に異常が発生している可能性が高いことが分かりました。

ECUとかリセットしてみても暖気後は変わらずエンジン不調・・・ISC交換してみることになりましたが予算と部品の納期等いろいろあってスロットルボデーのリビルト品交換になりました。

コレを交換します。ISC自体はスロットルボデーの裏側に取り付いているのでどちらにしろ取り外すことになります。ホース類を取り外してスロットルワイヤーを取り外します。ワイヤーのナット位置は覚えておきましょう。冷却水がそれなりにこぼれるので受けとかしっかりやっときます。

スロットルボデー本体はナットとボルト計3つでしか止まっていませんのでささっと取り外します。

コレがISCバルブです。一応今回はスロットルバルブごと全部交換してますがISCを交換するときはネジが数本で止まってます。

あとは元通りに復元していって作業は完了です。クーラントとかもこぼれてしまっているのでしっかり補充、内容によっては交換しましょう。エンジンかけて様子を見てみると・・・しっかり治りました!

あとあとインターネットで調べてみるとこの症状は結構多いようです。・・・先に調べていれば・・・ではまた。

 

この記事を書いた人:

kobayashi

西東京店で整備をしています。 普段は犬を飼っており、愛犬と散歩に行くのが趣味です。 整備は国産・海外車問わず得意です。

友だち追加LINEでお問い合わせを受け付けております。
このボタンからお友達に追加してお気軽にご質問ください。

ピックアップ記事

  1. EV・PHV(電気自動車)充電設備が東京・大阪自社工場にあります。
  2. BOSCHのコンピューター診断機
  3. タイヤチェンジャーとホイルバランサー
  4. 信頼の証「Snap-on tools」
  5. AUTEL MaxiSis コンピューター診断機

お知らせ

ピックアップ

  1. メカニックツール

    BANZAIのバッテリーテスター
  2. メカニックツール

    BOSCHのコンピューター診断機
  3. メカニックツール

    AUTEL MaxiSis コンピューター診断機
  4. お知らせ

    警告灯が点灯している車の修理もお任せください。
  5. メカニックツール

    信頼の証「Snap-on tools」
PAGE TOP